自動契約機での手続きの時間

自動契約機での手続きに時間はどのくらいかかりますか?

自動契約機でキャッシングの申込をした場合、手続き終了まではどのくらいの時間がかかるのでしょうか。
キャッシング業者のホームページなどには、自動契約機なら最短○○分などと記載されています。
短いところだと30分程度で済むようです。
ただし、こちらは申込から契約まで全てスムーズにいった結果であると思っておいてください。

 

実際にどのようなところで時間がかかってしまうのかというと、まずは申込書の記入です。
申込書は名前や生年月日、住所などを記入するのですが、勤務先情報や年収、他社の借入状況、もっと細かいところですと健康保険証の種類など、いろいろと記入しなければならないところがあります。
全て頭に入っていてスラスラと書ければ問題ないのでしょうが、思い出したり調べたりして記入に手間取ってしまうというケースもよくあります。
焦って記入して間違っている箇所が見つかれば再度記入し直しということにもなりえませんので、ゆっくりで結構ですからきちんと記入するように心がけてください。
次は審査です。
申し込んだ日によっては審査が混んでいることもあります。
融資可能かどうかという判断は審査の決済がおりないと伝えることができません。
あまりにも申し込んでいる人が多いと、審査が混み合い、審査待ちの件数が膨大になることも十分に考えられます。
最後は契約時です。
契約は実際のところ契約書にサインをしたら終わりです。
しかし、サインをした時点で全ての内容を了承したという意思表示にもなります。
融資のことや返済のことなど、何もわからずじまいでもサインした時点で納得したということになってしまいますから、疑問や不安なことを少しでも感じるのであれば、この時にスッキリさせてからサインをするようにしましょう。

 

以上が自動契約機で時間のかかる箇所です。
最短○○分と記載されてはいますが、実際は1〜2時間は見積もっておいた方が良さそうです。
参考になさってみてくださいね。