自動契約機の仕組みと利用方法

キャッシングの自動契約機の仕組みと利用方法

キャッシングの自動契約機はどのような仕組みになっているのでしょうか。
部屋の中に入ると自動契約機が一台あります。
契約機の前に座ると音声案内のもと、申込用紙を記入し手続きが始まるようになっています。
申込〜契約まで全て手続きができるようになっているのですが、自動契約機の中に人が入っているのですか?という質問をよく聞きます。
現在の自動契約機には人は入っていません。
現在は入っていないのですが、かなり昔、自動契約機が出はじめの頃は人が実際に中に入ってオペレーションしていたという業者もあったようです。
しかし今はどこのキャッシング業者の自動契約機も人は入っていませんのでご安心を。

 

人がいないのにどのように対応しているのかというと、自動契約機には自動契約機専門のセンターが全国各地にあり、そこで情報を取得しオペレーションするようになっています。
記入された申込用紙などは瞬時にデータとしてセンターに送られる仕組みになっていますし、質問事項や審査内容の結果などはマイクを通してしゃべることができます。
契約時に返済の仕方や融資のやり方など、疑問に思うことや不安なことはマイクを通して聞くことができますので、有人店舗で手続きをしているような安心感があります。
あと忘れてはいけないのが、自動契約機内にはマイクの他に防犯上カメラも設置してあります。
担当オペレーターは申込人がどのような人なのかをカメラを通じて見ることができますので、あまりにも態度が悪質な場合や極度に挙動不審な場合は審査に影響してくる可能性もありますので十分注意してください。

 

防犯上という観点からもう一点。
自動契約機の中に入って手続きをしている間は、自動的に鍵がかかるようなシステムになっているところが多いです。
急に知らない人が入ってきてトラブルにならないように配慮されている結果です。
鍵をかける場合は事前に申込人に伝えてからかけるようにしていますので、こちらも安心してください。